オーディオラックで最も人気なメーカーはどこ

中古オーディオ買取.jp - 高く売る!査定価格や口コミ公開!

MENU

オーディオラックでも変わる!

オーディオラックで音響は変わる!

オーディオラックとは、オーディオ機器を収納するための棚(スピーカーは乗せないことになっています)のことですが、そもそもなぜオーディオ機器に特化したラックが存在するのか、という話が前提としてあります。
それは、一言でいうと、単なる棚でさえも、オーディオの最大の目的である「音質の向上」と関係してくるからです。
数千円のベニヤ板でできた棚と、数十万円のオーディオラックとがあったとしたら、どちらが良い音になるかというと、断然、後者なのです。理由としては、安物のベニヤ板は、内部がスカスカで空気がたくさん入っているために、スピーカーから出た音がそこで吸収されてしまい、聴く人の耳にうまく届かなかったり、オーディオ機器の振動を制御しないため、余計な振動が音に乗ってしまい、音が悪くなったりといったことがあるのです。
それに対して、高価なオーディオラックは、そのようなことは設計段階で考えつくされていますから、木材を使う場合は空気のなるべく入っていないものを使用したり、オーディオ機器の振動を巧みに制御する工夫をしたりと、極力オーディオ機器の音を活かすつくりになっています。結果として、高価なオーディオラックは良い音になるのです。

 

それでは、すぐれたオーディオラックを製造しているメーカーを見てみましょう。

 

Quadraspire(クアドラスパイア)
イギリスのオーディオラックメーカー。デザイナーが立ち上げたメーカーであるため、デザインが特に優れています。

 

Nihon Electro Harmonix 日本エレクトロ・ハーモニックス株式会社
日本のオーディオ機器メーカー。発足してまもなくアメリカに進出して賞を受賞、その後、世界中から絶賛されることとなります。

 

Eau Rouge(オー・ルージュ)
日本のオーディオアクセサリメーカー。素材は、軽量高剛性の先端材料であるCFRP(炭素繊維強化プラスチック)、その中でもドライカーボンと呼ばれる、オーディオ機器の音に最も良いものを厳選し尽くして使用しています。そのため、価格は100万円を優に超えます。

 

audioの買い取りは、中古オーディオ買取.jp


サイト管理人がおすすめする「信頼できる」オーディオ買取業者の今すぐ使えるキャンペーン!

audiokaitori1audiokaitori2audiokaitori3audiokaitori4