Rey Audioの魅力を徹底調査!

中古オーディオ買取.jp - 高く売る!査定価格や口コミ公開!

MENU

ReyAudio

レイオーディオ

Rey Audio[レイオーディオ]とは、木下正三氏が1982年に設立した、箱根に本社を置く音響機器会社。
芸術サロンや世界有数の名スタジオ、また、独自開発したモニター等も、日本が世界に誇る品質です。

 

主宰者の木下正三氏は1946年愛知県大府生まれ。
「携わるからには極める」「誰にでもわかってもらえるものこそ本物である」といったコンセプトをもとに、常に新しい音世界の創造を追求。
1984年にはレイオーディオを設立し、世界屈指のエンジニアであるトム・ヒドレーと提携して、「Kinoshita Monitor」を製作。
「20Hz Monitor」と称されるほどの低音の再現など、そのステータス性は今や伝説となっています。

 

主な製品とその特徴

 

Kinoshita Monitor

http://www.reyaudio.com/
画期的でかつ妥協を許さない音作りが特徴で、今や世界中のスタジオで700台以上が使用されています。その特徴は、ダブルウーファーの迫力と同軸スピーカーの空間再現能力を両立した、世界初となるバーティカルツイン方式や、微小レベルでのリアリティを高めたTSS(Total Sleeve Shield)、9Hzを最大105dBSPLで再生できるインフラソニックモニターなどです。

 

KINOSHITA R-DAC Reference D/A Converter

CDをはじめ、考えうるあらゆるステレオ・リニアPCM信号に対応、28-192kHz/16-24bitの入力すべてを768kHz/24bitに再構成することで、従来では考えられないほどの高音質を実現しています。

 

 


サイト管理人がおすすめする「信頼できる」オーディオ買取業者の今すぐ使えるキャンペーン!

audiokaitori1audiokaitori2audiokaitori3audiokaitori4