【真空管 買取】真空管アンプを売る前に知っておきたいこと!

中古オーディオ買取.jp - 高く売る!査定価格や口コミ公開!

MENU

真空管アンプの買い取り業者を利用された方に聞きました!

真空管買い取り業者を利用した方の口コミ

真空管アンプ買取について


目次

 

【真空管買取!体験談1(口コミ)】真空管買取価格について

真空管マニアの父が突然亡くなり遺品の整理をしていますが、処分するのにどこに相談したらいいか迷っていたら知り合いに真空管販売店に査定してもらってはと言われました。真空管はマニアックなので、リサイクルショップでは二束三文の買取価格となってしまう事が多く、年代・メーカー・品番・製品の状態などによっても価格がさまざまらしいです。真空管を知り尽くしたプロがいる真空管専門店にインターネットで一括査定を試みてみましたら、各業者の買取相場が短時間で一目瞭然で確認し比べる事が出来ました。父の残してくれた真空管を捨てること無く買取ってもらえてとても嬉しかったです。きっと父も納得の価格で満足してくれていると思います。

 

 

【真空管買取!体験談2(口コミ)】真空管買取してもらいけど相場価格が分からず捨てようとしましたが

亡くなった祖父の趣味で、家には古いオーディオがゴロゴロしていました。遺品整理をする際に、親族がオーディオ類も幾つか持って行ったのですが、真空管と言うガラスの部品が刺さっている機器と、汚い箱に入っている真空管だけは誰も引き取りませんでした。日本のものではないらしいのですが、父に聞くと最近こんなのを使っている人もいないだろうし、扱いも面倒そうだからゴミに出すかと言うので、ちょっと待ったと言いネットで調べてみました。すると、相場価格がすごい額らしいので、買取してくれるサイトで査定してもらおうかと言う事になりました。宅配でと言う事で厳重に包装して送りましたが、物が物だけに破損したら終わりだなとヒヤヒヤしました。幸い無事に到着し、査定の結果やはりかなりの金額がついたのです。興奮して即買取をお願いし、すぐに代金を振り込んでもらいました。ゴミに出さなくて本当に良かったと思います。

 

 

【真空管買取!体験談3(口コミ)】真空管アンプの買取相場価格について

エレキギターを手にすると、必然的にギターアンプが欲しくなります。長年ギターを弾いていると、アンプも様々なタイプの物が欲しくなり、色々と試してみたくなるものです。中でも真空管タイプのアンプはギタリストにしてみれば、一度は手にしたいアンプはではないかと思います。私はトランジスタタイプのアンプを使用してましたが、ある日、何気に買取価格サイトを見ていたら、意外と高く買取っていただけるサイトがありました。相場自体は非常に安かったのですが、相場以上の買取価格だった為、すぐに連絡し買取っていただきました。その買取価格に自己資金を若干足して、念願の真空管タイプのアンプを購入することができました。たまたまタイミングが良かったのかもしれないですが、買取をする時には、相場とタイミングがポイントかもしれません。

 

 

【真空管買取!体験談4(口コミ)】真空管アンプを買取りしてもらう

真空管アンプが実家の物置から大量に出てきて捨てようと思って粗大ゴミの業者に連絡しようと思ったんですが、友達が真空管アンプは高く売れるものもあるという言うので、真空管アンプを買取してくれるお店を探しました。けれど、普段あまり中古品を売ったりだとかしたことがなく、買い取ってくれるお店を見つけても相場だとか適正価格だとかの話になったら、相手の言値で買い取られてしまうだろうなと思っていました。ちょっとネットで調べてみても価値のある真空管アンプを相手が適正価格を知らないことをいいことに安く買い取って、それを何倍もの高値で売るという業者も多いようです。でも、その時に利用したお店は違っていて一つ一つの真空管をとても熱心に鑑定してくれて、一つ見終わるたびに感嘆の声を上げていました。買い取ってくれた値段もとても高く、最初は0が一つ多いのではないかと聞き返してしまいました。

 

 

【真空管買取!体験談5(口コミ)】真空管アンプを売る方法

叔父が所有していた工場跡の倉庫に大量の真空管が見つかり処分しようと思ったのですが、そのいくつかがとても面白い形をしていて、もしかしたら売ったら多少のお金になるのではないかと思いネットで少し調べてみることにしました。真空管買取に対してはその専門性ゆえに査定が難しく一般的なリサイクルショップでは二束三文で買い取られてしまうそうです。ネットのオークションなどでも相場は安定しておらず、かなり運がするとのことでした。真空管アンプ専門の店でも良い店と悪い店で幅がありすぎて素人では店選びも難しいようです。一番いいのは自分自身がその真空管を使いながら価値を勉強し、そのアンプを一つ一つ自分で価格を決めてオークションなどで売っていく方法でした。

 

 

【真空管買取!体験談6(口コミ)】知識の無い大量の真空管、どうすれば?

古くなった真空管が沢山あったので、押し入れの整理も兼ねて業者さんに買取してもらおうと思ったのですが、私って真空管について殆ど知識ないんですよね。もともと沢山あったのは親戚が収集していたのを、親がもらった物らしくて。しかも、親も真空管どころかオーディオ関係自体まったく知識ないんだって……。 だけど、このまま押し入れにしまっていても邪魔になるだけだし、どうにかして片付けたいと思っていたところに、ある言葉が頭をよぎりました。「オークション」。そうだ、オークションなら難しい知識を事前に沢山勉強する必要もないし、もし価値のあるものがあれば、勝手に良い値もつけてくれるんじゃないか……と思いました。が、まずは基本の相場価格を知る必要がやはり出てくるんですよね。 結局多少の勉強は必要になったけど、オークションのおかげで業者を探す手間が少し省けたのは良かったですね。

 

 

【真空管買取!体験談7(口コミ)】時の中で眠る真空管達

学校が廃校になるので放送室の倉庫を漁っていたら古い真空管がいくつか出てきました。用務員のおじさんにどうするか聞くと、使えないと思うから捨てておいてというのですが、よく見ると6BM8のような物まで混ざっていて、それなりの場所で買取してもらったら相当な価格で売れるのではないかと思いました。私は真空管の相場には疎く、こんな時に買取専門の知識を持った業者がいてくれたら、もしかしたら、世の中には捨てられずに済んだ真空管が相当あるのだろうなと思いました。その時に見つけた真空管も自分にはどうすることもできず、泣き泣き粗大ゴミに捨ててしまいました。電化製品としての廃棄になってしまい、廃棄料金3000円を取られたそうです。

 

 

【真空管買取!体験談8(口コミ)】真空管の価格相場と買取について

真空管アンプを買おうと思ったことがあるんですよ。ですが価格がピンからキリまであって相場価格がよくわからなかったんです。手ごろなのが欲しいなぁと思っていたので家にある古いアンプを買取ってもらうついでに一般的な価格を聞いてみたんです。そしたら「物の程度によって大きく変動するから明確には答えられない」という回答でしたね。そうなってくるともう後は自分の財布の状況と自分の求める条件で決めるしかないと思って家の雰囲気にあっていそうなのを徹底的に探して買ってやりました。もちろん高すぎず安すぎないものを購入しましたよ。なのでこれを読まれたかたも相場価格で決めるより、自分の財布と求める条件で購入する品物を決めましょうね。

 

 

【真空管買取!体験談9(口コミ)】引越し時に真空管が出てきたので

長く住みにくいコーポからようやく引越しすることができて、荷物の整理も進みつつあります。荷物整理も慌ただしかったので、最小限の大型家具などを処分したのみで荷物はそのまま持ち込み、その分別をしています。そんな中に古い真空管が出てきました。思い入れがあるとはいえ、今となったは不要のものであり、少しでも荷物は処分したいところなので、買取に出そうということになりました。けれどもその価格ですが、意外にも相場はあって無いようなものでした。それなりに価値もあり、簡単に買い手は見つかるかと思いきや、逆に目の肥えた方ばかりですから、型番やら何やらと見る目は厳しいようです。オークションではなかなか買い手が見つからなかったので、専門の業者を見つけて買い取ってもらうことができました。

 

 

【真空管買取!体験談10(口コミ)】物を売るには知識が重要

インターネットの浸透で、オークションどころか自分でウェブショップを持つことも、もの凄く簡単になってきている。もちろんその分競争も激しいけど、リアルで店舗を持つには物件価格が高いことなどから初期費用がかなりかかるため、ウェブショップは人気。当然売る物もたくさんあるので、どういった物をどういった形で売るかなど戦略次第によってお店の未来が変わってくる。僕は以前、真空管を売ることになった。安くで買取りができたので、仕入れて売ったけど真空管について全く知識が無かった。相場も当然知らなかった。この安さで仕入れられれば、絶対に売れるという言葉だけで売った。最初は売れたがすぐライバルに負けた。やはり、商売は知識が必要。

 

 

【アンプ買取】中古アンプなのに驚きの相場価格「10人の体験談」

サイト管理人がおすすめする「信頼できる」オーディオ買取業者の今すぐ使えるキャンペーン!

audiokaitori1audiokaitori2audiokaitori3audiokaitori4